赤ちゃんの防災マニュアル

 小さなお子さんのいる家庭では一般的な防災用品だけでは充分にお子さんを守ることができません。
いざという時のためにも、赤ちゃんのための防災用品を用意しておきましょう。

赤ちゃんのための緊急持ち出し品リスト

  • おむつ
  • 下着
  • 上着
  • 防寒具
  • はきもの
  • おんぶひも、だっこバンド
  • バスタオル
  • ビニール袋
  • お気に入りのおもちゃ
  • ミルク
  • 離乳食
  • タオル
  • ペットボトルの水
  • 哺乳びん
  • ポット
  • ばんそう膏
  • 常備薬
  • 体温計
  • ティッシュなど日常で使っているもの

赤ちゃんは成長が早いので、必要なものやサイズがすぐに変わります。中身の見直しは、できれば月1回はしましょう。いつものお出かけバックに非常時に必要になるものを加えておくのもいいですね。

過去の大災害で赤ちゃんがいる家庭が被災して困ったこと

  • 授乳やオムツ替えの場所がない
  • 泣いたりぐずったりした時に周りに気を遣う
  • 家の片づけをしたくても預ける場所がない
  • 毎日沐浴ができないので、湿疹やオムツかぶれ がひどくなった
  • 環境が変わり子どもが落ち着かない、グズル、不機嫌になった
  • ストレスで母乳が出なくなったが、粉ミルクや哺乳瓶の用意をしていなかった

 小さい子どもは自分で自分の体を守ることができません。近くにいる大人が守らなければいけないのです。地震はいつ、どんな場所で起こるか分かりません。突然グラッと揺れて頭が真っ白になった、ということがないように、ふだんから「いま地震が起こったらどうするか」を想定して、自分は何ができるのか考えておくようにしましょう。

いざというときのママの心構え

  • 赤ちゃんと自分を守る姿勢を

    揺れを感じたら、まずは赤ちゃんと自分を守る姿勢をとることが肝心です

  • 揺れがおさまったら避難経路の確保を

    外に出られる逃げ道の確保をしましょう。玄関がダメならベランダなど他の経路から避難しましょう。

  • 情報を収集して避難の決断を

    テレビやラジオで地震の規模、被害状況を確認しましょう。口コミによる情報は誤りが多いので、注意しましょう。

  • 持ち出し品は最小限に

    避難する必要があるときは必要最小限の荷物を持って家から離れます。家から離れるときには戸締りを忘れないように。靴を履いて出かけましょう。